TAKO

記事一覧(7)

イタリア中世共和制の実態と消滅

(神聖)ローマ帝国=ドイツ王+イタリア王の領地でありつつ、ドイツの都市とイタリアの都市は対称的です。ドイツ都市は周辺の、大貴族の領邦に対して、都市が皇帝直属の帝国都市として独立を守ったのに対して、イタリア北部の都市は、貴族の領土の中から、依存するものの無く、小さいながら少しずつ発展していきます。時代はイタリアの小都市の味方をしました。フランク系だったローマ帝国の分裂の悪化と、法王の皇帝への、対抗心です。 都市は、それぞれドイツ皇帝系、法王系と別れ=一応、実は名分ですが、皇帝が南下してきたりすると、皇帝系は迎えて、法王派(法王はチェーザレボルジアまで実戦部隊を持たないので、傭兵か法王に付いたフランス王など)が入ってくれば、法王系が迎え入れます。ごちゃっとした時代は、十字軍の時代を得て、コムーネを成長させます。 元来、貴族からの独立で出来た都市ですので、共和制であることが多かったです。それは、前回、書いた様に、1)王などがいない 2)ある程度の有力者の多数決で決める。という、程度の共和制です。ですので、今の民主共和制みたいに、庶民の為であったかは、王制と比較して、判らない所があります。あくまでも、今で云えば、かなりの上層の商人、職人頭=工場長、金融家などが仕切る共和制は、実態としては、古代ギリシャの共和制より、当然ローマ共和国の共和制より遅れた制度と云えるでしょう。ベネチアを除き、古代の共和制の制度などを知るべくもなく、この制度は有力者の内紛、緊急時の対応の遅さを招き、コムーネが大きくなれば成る程、対応が困難になります。フィレンツェ出身のマキャベリが、コジモの孫のロレンツオに仕えた後に、書いた本では、ローマ共和国やベネチアのような、有力者の国会以外に、少数の政策決定機関が無ければいけない、緊急時の数人の独裁制を認めないと 1)共和国は、王制などに変わるしか無い、か2)滅びると、書いてますが、現実はそのように向かいます。スペイン、イタリア、ドイツの王を兼ねた、カール5世が誕生して以来、フィレンツェすら公国、ジェノバ、ミラノは単なる植民地、に成り果てます。唯一、貿易を通じ古代の知識の元に政治制度を作り上げた、ベネチアだけが18Cまでイタリア都市の共和制を維持していきます。何故に、他の都市がベネチアの真似をしなかったと、云えば、内部の有力者の内紛がイタリアでは強くなりすぎ、少数の人間や執政官などを認めると、自分達が追放処分などを受けるのでは、という不安があったからです。一時、イタリア都市に向いていた、皇帝系、法王系は一つ一つの都市にもあり、実際、有力者の追放は中世以来相次いでいたのです。 ベネチアだけが、キリスト教からも離れ、皇帝、法王からも等距離をとり、その結果そういう制度を作り得たのでしょう。

メディチ家の面倒くささと、中世共和制国家

フィレンツェでかならず出てくるメディチ家。しかし、それはフィレンツェ共和国では末路に出てきた、新興財閥です。中世のイタリアの都市は都市が周辺の貴族を制圧、土地貴族は都市貴族に変貌し、都市の富裕層と、共に支配層を形成していきます。中世の共和制というのは、1)王や伯爵など、一人のトップがいない 2)合議制で決める。というのが特徴ですが、非常に遅れた制度で、古代ギリシャやローマ共和国の共和制に比べ、脆く、小都市にしかつうようしませんでした。共和制、現代の民主共和国に通じますが、常に決定に時間がかかります。 そのため、ギリシャやローマでは、独裁官の様な制度を導入し、緊急時に備えますが、トスカーナの多くの都市はそういう制度がありませんでした。小さいコムーネで争っているうちはどうでも良いですが、その後街も発展、大都市同士の戦い、フランスやスペインなどの大国家が成長し、イタリアコムーネは対応ができなくなります。その場合は1)共和制をやめ、君主〜官僚制にする。このころはこれが、一番効率的でした。2)ローマ共和国のような、少数の元老院と、更に少数の決定機関と執政官を置き、緊急時に対処する。 これは、残念ながらトスカーナでは行われず、イタリアではベネチアが有名です。ベネチアだけが、ナポレオンまで、共和体制を維持します。フィレンツェでは、ローマ帝国の始まりの様な、一種第一人者のメディチがのしあがります。薬屋とも、金融ともいわれますが、メディチ家はあのパッティ家よりずっと、新興で、田舎の農家の出身です。ローマに食い込み、急激に経済力をつけたメディチ家は、コジモの頃に全盛期を迎え、一見共和制、合議制のまま、実際はメディチの君主体制になりました。が、メディチ家は成り上がりで、名前が欲しくローマ貴族と結婚、生まれたロレンティーノ(あの有名なパッティ家の陰謀で生き残った兄の方)、はイタリア政治に乗り出します。ミラノ、ナポリと3国同盟を結びローマ法王を牽制します。が、実際は子供を枢機卿にするため、お金をばらまき10台での枢機卿が誕生します。が、そのロレンティーノの子供の時代に、フィレンツェからメディチは、人心が離れ、追放され、サボナローラの神権体制になります。で、ここで実際、共和制の実態はといえば、旧貴族と都市富裕層の合体による、経済力のあるものによる、議会があり、そこで決定されてました。これは、ローマからベネチア、にいたるまで、教育が行き届かない時代は得てしてそうなのです。ただ、一般民衆が満足できるか、させられるかで、ローマやベネチアは成功し、フィレンツェは失敗し、旧支配層より、新興成金メディチに移行、その後、神権政治へと翻弄されます。メディチが面倒なのはやたら、フィレンツェを追放されたり、復活したりするのもありますが、やたらコジモが多いのです。結局、若い枢機卿はローマ法王になり、引き立てで甥を枢機卿にして、それもローマ法王になります。 チェーザレボルジアの時代の後が最初のメディチ法王で、運悪くスペイン=ドイツが同じ君主カール5世になったのが、2代目のクレメンテ法王です。スペインードイツはフランスと結ぼうとしたイタリア諸国やローマ法王を、ドイツ軍を南下させ、フランスを蹴散らかし、ローマは占領。 南イタリアも完全にスペインの支配下になります。これは、かつての神聖ローマ帝国のフリードリッヒ2世が夢見た、ドイツーイタリアの合体がなしえた、瞬間です。ここで、法王クレメンテは、妙な条件を持ち出し、負けたはずが、カール5世にフィレンツェにメディチ家を復活させます。その時点で、フィレンツェは共和国としては消え、トスカーナ公となります。 その勢いでシエナ、モンタルチーノと占領し、領域国家になります。その後、乱れたダメな当主が続き、メディチ家は本流が殺され、謀計のまた、コジモ1世が、フィレンツェを占領します。 若いながら有能で領土を広げ、トスカーナ大公になります。といった風に、コジモと出てきますが、いっぱい入るんですね。 そして、金満家のメディチというのは、初期の頃のコジモで、金融で稼ぎ商人でした。が、ロレンツオなど有名ですが、お金は判らず、政治に力をそそぎ、その後復活したメディチは自分が稼ぐのではなく、税金を取り立てる、当主になります。このように15−16Cは激動の時代で、共和制のままの国、シエナなどは消えていきます。君主制に移行したフィレンツェは生き残りますがイタリアコムーネの精神は消えます。唯一、ベネチアだけが、19cまでイタリアの共和制の伝統を守ったと言えるでしょう。

トスカーナ地方の都市の歴史

ここで面倒なのですが、
そもそも、この地域はエトルリア位から文明の痕跡があります。 
その後、ローマに併合されますがローマ人というのは合理的な武士の部族で平定していった地域には平野部に都市を作り立派な石畳の道を作ります。あくまでも、軍事的な理由の道でなるべく真っすぐ作り、その結果がシーザーなどが、一気にイタリアに戻って来たりフランスを征服を数年で出来るもとに、なったのです。ゲルマン人の移動で、イタリア半島はゴート族が支配したり、東ローマ帝国の巻き返しがあったりして、

困ったのは、ローマ教皇です。

ゲルマンでも少々困ったランゴバルト族が北イタリアを占拠、一部ラヴェンナを東ローマが占領。 ぐちゃぐちゃ状態です。その時に、ヴェネチアが、海に逃れた人で産まれたという説があります。そこであらわれるのが、フランクです。 カトリックに改宗した珍しいゲルマンで、ローマ教皇となれ合いで、ランゴバルトの討伐、ラヴェンナから東ローマ帝国をほっぽります。しかし、あくまでも、東ローマの家臣という、手紙も送り、まだ強固な東ローマとは戦わないのがフランクのずるい所です。 その時、フランク王国はかなりのイタリアの部分をローマ教皇にあげました。それが、ローマ教皇領の始まりです。
が、当然全部あげたわけではなく、将来ドイツ王兼イタリア王になるわけで、トスカーナ辺りは、フランク王国の領地になります。そして、トスカーナや、ミラノ周辺はローマ帝国領土(実はフランク王国領)になり、トスカーナには、トスカーナ伯領が作られます。 
その後、フランクが分裂し、ごちゃごちゃした後、西フランクがフランスに、中フランクと東は一体化し、ドイツ、イタリア王の兼任となり、そのドイツ王が神聖ローマ帝国皇帝という流れになります。が、当時は神聖なんてついてなくて、ローマ帝国と名乗ってたんです。

ところが、イタリア人にしてみたら、ドイツは元もと蛮族ですし、ローマ法王も世俗の支配は適当なので、神聖ローマ帝国のイタリア部分と、ローマ法王領にどんどん、コムーネ、小さい街が産まれていきます。当初なれ合いだった、法王と皇帝は今度は争うので、此のあたりは法王派、皇帝派の街に別れ、闘いを繰り返します。 これが、イタリア人の、身勝手且つバラバラの国の始まりになったんでしょう。 この時にエトルリア起源の山の上の街が復活したり、ローマ起源の街〜フィレンツェみたいな平野の街が誕生したのは、ローマ時代の道が完全に回復せず、流通の経路が異なったからで、フィレンツェはローマ道にあり、シエナはその前の道にあります。サンジミニャーノや、シエナが経済力を持ち、トスカーナではフィレンツェと覇権を争えたのは、ある時期までは、主な街道にあったからです。が、ローマ時代の道が復活すると共に、次第にトスカーナではフィレンツェが主流になっていきます。今の街を見ても、既にルネッサンス時代にはシエナとフィレンツェはかなり経済力に差があるな〜と思います。此の時代、腐敗したローマ人の子孫ですから、コムーネ=都市の連中は、ギリシアやローマの都市国家みたいに、市民=軍人ではありません。あくまでも、軍人は、傭兵で戦争はコムーネの経済力次第でした。 その傭兵隊長自身がより小さい、コムーネのトップだったりするから、面白いと云えば面白いのですが。ただ、何故都市国家が、領土を争い領地を広げたのか。 都市は人を自由にするという、壁に守られた、街で職人、商人の街では無いのか、という疑問が産まれます。経緯は不明なのが中世ですが、トスカーナ伯の元、元ローマの貴族やゲルマン貴族がトスカーナを本来、分割支配していました。 コムーネの発達と共に、その郊外の貴族との争いが激化します。ドイツでは、あくまでも都市は帝国都市、領地は貴族の持ち物で別れてましたが、イタリアでは皇帝の庇護もなく、都市の経済力を支配下にしたい貴族と、うっとうしい貴族を征服したいコムーネが争います。経済力をつけ、傭兵も雇える様になったコムーネに殆どの貴族は屈服しますが、周辺の土地を保有したまま、コムーネに移住し、そこで貴族的な振る舞いや、見栄で塔を乱立させます。今はサンジミニャーノが有名ですが、どこも塔だらけだったのです。その、貴族層とコムーネで成功した商人層は次第に融合し、有力者となっていきます。 そして、人間真似するもので、商人層も半貴族化し都市保有をしたがります。また、ドイツ王や、ローマ法王軍から身を守るにも周辺の都市を傘下に納めた方が、都合が良い訳です。という、訳で、ドイツのハンザ都市や帝国都市とは異なり、イタリアのコムーネの特徴は、中での内紛(皇帝派VS法王派)、コムーネ同士の勢力争いが中世を通じて続きます。ある程度、収まるのは、一つの地域がまとまる16Cまで続きます。ので、未だに、イタリアの都市は余り仲が良くありません。シエナでフィレンツェを褒めたりしちゃ、駄目です。